全部自分で組み立てるソファー

北欧家具がそろうインテリアショップでソファーを買いました。ここのインテリアショップはありとあらゆるものが安くそろいます。その変わり家具類やソファーなどは買ったら自分たちで組み立てることが基本です。また配送料が重さによってかかります。また配送エリア外だとまたさらに料金が加算されるようになっています。自分たちで持ち帰ることが前提となっているショップです。ソファーはいろんな形のものがおいてあります。またそのソファーに合わせてカバーを数種類から選ぶことになります。

形が気に入っても、カバーに好みの色がないということもあり得ますが、ソファーもカバーもたくさんあるので、逆にどれを選ぼうか迷うほどになってしまいます。カバーは革製のものと布製のものに大きく分けられます。私が結局かったのは、グレーの生地が少し分厚くて上等なものを使っているものにしました。形は3人掛けで、手すりのところが四角くくなっている、モダンな形のものです。3人掛けと大型なので、持ち帰る部品は段ボール3つにも分かれていました。家に帰ってから段ボールをあけると説明書が入っています。説明書はおそらくどの国の人が見てもわかるようになっているのでしょう、説明文というものが一切載せられておらず、すべてイラストだけで組み立て方が説明されています。すれでも迷うことなくその絵にしたがって進めれば無事に組み立てることができました。一番難しかったのは、骨組みを立てた後、布をかぶせるところです。しわにならないようにひっぱりながら布をきれいにとりつけるのは、結構手間のかかることでした。ソファーを選ぶときに、店員さんに布カバーは別売りとなるので気分や季節によってかえるという楽しみもあると教えてもらいました。今は冬なので少し温かみのあるものを選びましたが、夏には麻製のようなものが良いということなどです。

お店で聞いているときは、それは他のお店ではあまり聞いたことがないので、おもしろいなとも思いましたが、実際自宅で組み立ててみるとカバーをつけるのにわりと苦労したので、それほど頻繁に布をかえようとは思わないかもしれないと感じました。とはいえ、色合い、形ともあまり日本のインテリアショップでは見かけないようなおしゃれなデザインのソファーを選ぶことができたと思っています。最近よく雑誌にも紹介されている、ここのインテリアショップで買ってよかったと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *