ソファーの形状や素材について

ソファーには、様々な形状や素材のものがあります。まずは、一般的ないくつかの形状について紹介します。コーナーソファーは、L字型になっているソファあるいはL字型に組み合わすことが出来るソファのことです。少々広いスペースを必要としますが、部屋の角に配置したり、別々に使うことも出来ます。このタイプは、部屋に広々とした空間を作ることができ、主にリビングなどで使われる場合が多いです。カウチソファーは、当初、横になってくつろぐためのソファという認識でしたが、今では様々な解釈がされています。

片肘を置けるタイプや両肘を置けるタイプ、豊富なカラーバリエーションも揃っています。このタイプも、主にリビングなどで使われています。ソファベッドは、ソファとしてもベッドとしても使うことが出来るタイプです。背もたれ部分を倒してベッドにしたり、座面を手前に引き出してソファにしたりします。このタイプは、特に、一人暮らしの場合や部屋のスペースを効率的に使いたい場合、狭い部屋にソファとベッドを配置したい場合などに適しています。リクライニングソファーは、背もたれ部分を倒して使うことが出来るタイプです。先に述べたソファベッドの中にも、背もたれ部分を倒せるタイプがありますが、こちらのリクライニングソファーの場合は、主に座ることが目的となっているため、背もたれ部分が深くなっているものが多くあります。

また、このタイプは、背もたれ部分を段階的に倒せるものが多くあります。その場合は、背もたれ部分だけではなく、肘掛けも自分の好みの角度で固定することが出来ます。オットマンは、背もたれ部分が無いソファのことで、基本的には、他のソファと組み合わせて使う場合が多くあります。その場合は、足を伸ばして座る時の足置きとして使われることもあります。このタイプは、複数のサイズや形状があります。また、収納機能が付いたものもあります。次に、いくつかの素材について紹介します。合成皮革は、汚れが付着した場合に掃除をしやすいことが特長です。また、手頃な値段で買うことも出来る素材です。布製は、種類が豊富に揃っていることが最大の魅力となっています。カジュアルなものやシックなもの、豊富なカラーバリエーション、織物にも様々な種類があります。このように、ソファーには、様々な形状や素材のものがあるため、設置予定の部屋の雰囲気、設置予定のスペース、用途などに適したソファーを選ぶようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *