ソファーの選び方について

ソファーを購入して間もなく、やはり邪魔だと感じる事があります。最初の内は重宝しているというか、購入してよかったと感じても、徐々に使わなくなり邪魔だと感じてしまう事があります。本来はこのように感じてしまう買い物をしてはならないわけですが、どのようにして買い物をすれば邪魔にならずに長い間重宝出来るのでしょうか。これには、まず何故ソファーが必要であるのかを考えるのが良いと言います。ソファーは決して安いものではありませんし、大きなものともなるとおき場所を取りますから部屋が狭くなります。

それでも必要とされるのであれば購入をしても失敗をする事はないのです。また、思いのほか大きすぎたという事もあります。これは部屋の中にどのくらいの物を置いたら部屋の広さに変化が現れるのかを予測しておかないとこのような結果になるのです。よく行うパターンとして縮尺図を書くという方法があります。縮尺図は、模様替えなどを行う時に、部屋の間取りを縮尺図に描き、そこに配置する家具などを同じ大きさの縮尺にして切り取り、それぞれの家具を色々な位置においていく方法です。色々な家具などを部屋の中に置いていくと、部屋がどれだけの広さになるのかが見えてきます。家具などに色をつけておけば、縮尺図の白い部分がどれだけ残るのかが見やすくなりますのでお勧めです。また、縮尺図に入れておくべきものに、コンセントがあります。ソファーを置くのに最も良いとされる裏側にコンセントがあり、このコンセントは頻繁に抜き差しが必要なものともなれば、その場所にソファーをおけなくなるからです。また、ドアがどちら側に開くのかも縮尺図に入れておく事も大切です。普段何気に使っているドアも、家具などを置いた事でドアが開けにくくなったり、手前に開くドアなのに家具が邪魔をしてしまうと言う事が無くなります。

これは覚えていても、間取りを考えているとついうっかり忘れてしまいがちですから、間取りを考える前に縮尺図に描いておきたいものなのです。ソファーの場合、色々なデザインやサイズと言うものがありますが、1人掛けであれば大体このくらいなどの目安と言うものがあります。例えば、下記のような感じになります。1人掛けであれば、幅が550から1200ミリ、2人掛けであれば、幅が1300から1700ミリ、3人掛けであれば、幅が1700から2000ミリと言う具合に有効スペースが必要になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.