上手なソファーの選び方

ソファーの選び方には、様々なサイズを考慮した選び方、種類や機能を考慮した選び方、内部構造を考慮した選び方、張り地の特徴を考慮した選び方などがあります。まずは、様々なサイズを考慮した選び方についてです。部屋の広さや使う人数、使う人の体格によって、ソファーの大きさは変わってきます。自分や家族の体格に合わない大きさのソファーである場合、ゆったりとくつろぎながら座ることが難しくなります。そのため、自分や家族の体格・部屋の広さと、ソファーの大きさを照らし合わせることが大切です。

次は、種類や機能を考慮した選び方についてです。ソファーには多くの種類があります。背もたれの部分を倒して自分の好きな角度で固定できるリクライニングタイプ、オットマンと呼ばれる足置きがセットになったタイプ、ベッドとしても使えるタイプ、部屋の角にぴったりと置けて部屋を広く見せられるコーナータイプ、この他にも1人掛けタイプや2人掛けタイプ、3人掛けタイプなど様々な種類が揃っています。そのため、リビングで使うのか、個室で使うのか、座るだけではなく横になる場合もあるのか、足を伸ばして座るのかなど、自分や家族の生活スタイルを考慮して選ぶと良いです。次は、内部構造を考慮した選び方についてです。座り心地の良し悪しは、内部構造にかかっています。座った時の衝撃を受け止める衝撃吸収素材には、コイルスプリング、S字スプリング、力布などがあります。

力布とは、合成ゴムで作られたウェービングベルトや、麻で作られたベルトなど、ベルトの総称です。コイルスプリングには、コイルスプリングを1つずつ袋に入れて敷き詰めたポケットコイルスプリングや、コイルスプリングを丈夫な鉄線や紐で連結したボンネルコイルスプリングなどがあります。コイルスプリングは、弾力性と耐久性に優れています。S字スプリングは、S字型の鋼鉄製のスプリングを連結棒で繋いでいます。このS字スプリングは、ソファーの衝撃吸収素材として最も多く利用されています。このように、内部構造にはいくつかの種類があるため、直接店で選ぶ場合には、実際に座ってみてその座り心地を確認することが大切です。次は、張り地についてです。張り地には、合成皮革やファブリック、ビニールレザーなどがあります。手入れのし易さや肌触り、頑丈さ、好みの質感や色合いなどで選ぶと良いです。このような選び方のポイントを押さえて、ソファーを使う人とその部屋に合ったものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.