初めてでも安心☆よくわかるワキガ治療

TOP > ワキガの治療の豆知識 > ワキガを治す方法は症状に適した治療方法を選ぶことが重要

ワキガを治す方法は症状に適した治療方法を選ぶことが重要

自分の体臭で頭を抱えている方は多いですが、自分の体臭がまわりの人たちに迷惑になっているという事実に気付かない人もいます。
特にワキガなどが多く、その改善策を望む人も少なくありません。
しかし、単純にこのワキガを治す治療方法と言っても、これには実に様々な種類があり、いったいどの治療方法を選んでいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
また、ワキガの症状も軽度から中度、そして重度とに分かれます。
これらではやはり治療方法も変わってくるのが普通です。
基本的にワキガの治療と言われるものは、悪臭の原因となるアポクリン腺を取り除く手術が一般的なものとなっていますが、これは重度の症状に選択される手術になります。
ですから軽度と言われるワキガには相応しくないとも言えるでしょう。


では、まだ重症とまでいかなくても、自分でワキガが気になってしまうという程度の方には、いったいどんな治療方法が適切なのでしょうか。
多く採用されているのが気になる部分に塩化アルミニウム液を塗って治す方法になります。
あたりまえのころですが、塗るだけですから手術ではなく、誰でも簡単に行える治療方法です。
この塩化アルミニウム液は特に病院やクリニックで処方してもらわなくても町のドラッグストアなどで市販されていますから、それを購入してきて自分で使うことができます。
もしも病院やクリニックなどで治療を受けるのであれば、まだ軽度のワキガならば塗り薬の他に内服薬を処方してもらえますので、これを投薬することもおすすめです。
しかし、こうした内服薬は副作用のこともありますので、医師の指導のもとに行うことが大切になります。


いわゆる中度と言われるワキガの治療には、病院やクリニックなどで行われている施術が中心になります。
やはりこの段階では自分で直すことは難しいです。
一つの治療方法にボトックス注射があります。
ボトックス注射はワキガの他にも美容面の改善で多く用いられているものです。
基本的な仕組みは、注入することで汗を出す伝達物質の分泌を抑えることで汗の量を減らします。
二つ目は電気凝固法と言ってワキの毛穴に電気針を刺して高周波電流を通すことでアポクリン腺を破壊するわけです。
ここまでは中度のワキガの症状に適切な治療方法になりますが、重度の症状になりますと、やはり大掛かりな手術によってアポクリン腺を取り除くことになります。
どうしてもこの段階の手術ではメスを使うことになりますから不安はあるでしょう。
しかし、最近の医療技術はかなり進歩していますので、手術自体は安心して受けることができます。

次の記事へ

ページトップへ