初めてでも安心☆よくわかるワキガ治療

TOP > ワキガの治療の豆知識 > ワキガを治療して強い臭いを抑える

ワキガを治療して強い臭いを抑える

汗が強烈な臭いを放ってしまうワキガは、アポクリン線という汗腺が原因です。
そこから出た汗そのものに臭いはあまりありませんが、周囲にいる菌が好む成分を含んでいるため、分解されることで臭いを放つようになります。
なのでワキガを治療するためには、元となるアポクリン腺に対処する必要があります。
またアポクリン腺とは別にエクリン腺という汗腺もありますが、こちらから出る汗はあまり臭いの元にはなりません。
どちらかというと汗の量が多くなってしまう問題の方が近いです。
ただエクリン腺から出る汗はアポクリン腺側と混ざることで、作用を促進させてしまう怖れがあるため、場合によっては一緒に治療した方が良いこともあります。
しかし汗の量に特に異常がなければ、治療しなくても問題はない場合も多いです。


ワキガの治療方法にはいくつかの種類があり、最もオーソドックスなのは、メスを入れてアポクリン腺そのものを取り去ってしまうことです。
脇の皮膚をひっくり返すとアポクリン腺が目視できるため、その部分を物理的に切除します。
ワキガは健康保険の対象になりますが、この方法を選択した場合のみが有効です。
メスを入れる手術にはもうひとつあり、専用のローラーを挿し込むことで皮膚を裏返す必要がありません。
ローラーでこそぎ取ったアポクリン腺は、吸引機で除去します。
挿入部分も大きくないため、メスでの切り込みも小さく済む点が強みです。
ただアポクリン腺を目視できないため、手術には経験と技量が求められます。
切除する方法と同様の仕上がりにしたいのであれば、依頼先を慎重に選ばなければなりません。


またメスを入れずに、レーザーを使用する治療方法もあります。
メカニズムこそ違いますが結果的にアポクリン腺の機能を破壊することを目的としていて、複数回繰り返すことでだんだんと効果が出てくるものです。
最大の強みは傷跡が残らないことですが、アポクリン腺を集中的に狙ったとしても、周囲の皮膚にも少なからずダメージを与えます。
そのため人によってはヤケドのような症状を引き起こす怖れがあるため、治療方法を選択する際には注意が必要です。
メスを入れると皮膚が癒着するまでに時間がかかりますが、レーザーの場合は比較的早くダメージが治まる傾向も強みになります。
しかしその反面保険が適用される治療方法と比べると費用が数倍になる可能性があるので、希望する治療の手軽さとお財布を比較して決定しましょう。

次の記事へ

ページトップへ