初めてでも安心☆よくわかるワキガ治療

TOP > ワキガの治療の豆知識 > 強い体臭となるワキガ体質を解消できる治療法

強い体臭となるワキガ体質を解消できる治療法

独特な強い体臭になってしまう、いわゆる「ワキガ体質」に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
重度のワキガ体質という人の場合、市販の制汗剤などで体臭をケアすることは難しいと言われています。
スメルハラスメントという言葉も浸透している現在、自分のワキガ体質は大きなコンプレックスになってしまうケースもあるようです。
もし、自分の体臭にコンプレックスを感じて悩んでいるのであれば、治療を受けて改善してみてはいかがでしょう。
実はワキガ体質、専門のクリニックで行われている治療によって症状を軽減することが可能です。
治療法も様々でメスを使う手術から、注射1本だけで体臭を解消できるものまであります。
専門クリニックであれば症状のレベルによって、患者さん1人1人に合った治療法を選択してくれるので安心です。


ワキガを改善する治療として、現在ポピュラーに行われているのが「剪除法」という手術です。
重度のワキガ体質という人にも有効な手術と言われています。
ワキガ臭はワキの下に多くある、アポクリン腺という汗腺から出た汗で引き起こされます。
剪除法はワキの下を切開し、皮膚を裏返して医師が目視で1つ1つアポクリン腺を切除していくという施術を行います。
ワキガ臭を引き起こすアポクリン腺自体を切除するので、術後の体臭改善効果はかなり高いと言われているのが特徴です。
また、1度切除したアポクリン腺は再生することが無いの、剪除法は再発率が低いのも魅力となっています。
さらに、健康保険が適用される手術というのも、剪除法のメリットです。
健康保険が適用されるケースであれば、両ワキ施術を行った場合でも約4万円から8万円ほどの費用で済みます。


ワキガ体質といっても体臭のレベルは人それぞれです。
重度という人の場合は、アポクリン腺自体を取り除く手術が有効な治療法と言われています。
ただ、症状が軽度という人の場合はメスを使う手術以外で、なんとか体臭を改善したいと考えるのではないでしょうか。
ワキガ臭が軽度というケースに向いているのが、「ボトックス注射」です。
ボツリヌス製剤という薬剤をワキの下に注入するだけの、簡単な治療法となっています。
ボツリヌス製剤は神経伝達物質の働きを弱める効果がある薬剤です。
この薬剤をワキの下に注入することで、汗を出すよう指令をする神経伝達物質の働きが悪くなり結果、汗の分泌量が減ってワキガ臭も抑えられるという仕組みです。
メスを使わない治療なので、ダウンタイムの心配もなく気軽に受けられる治療として選ばれています。

次の記事へ

ページトップへ